玄米インフォ

HOME更新情報>なぜ農薬・除草剤を使ったらいけないか

なぜ農薬・除草剤を使ったらいけないか



玄米食をすすめる上で、無農薬にこだわる理由は、玄米のフィチンによる体外排出作用が無意味になることと、そもそも人体に悪影響となる農薬を摂取すること自体が良くないからです。


農薬の人体に対する影響

除草剤散布米はダイオキシン汚染の元凶といわれています。
殺虫剤はネオニコチノイド(人の脳神経系に作用・みつばちの大量死の要因といわれています)が散布され、数年食べ続けると細胞が異変し脳に対して少しずつではありますが、確実に悪影響をもたらします。

参照:ネオニコチノイド系農薬問題


現代の生活習慣病の一つアレルギーも農薬に起因すると考えられています。
小麦粉、ソバ、牛乳、卵、牛肉、豚肉、ブロイラーが食べられないというのも農薬に対して人体が反応しているからです。

昭和の時代はそれほどでもなかったことが、情報化社会である今日ではアレルギーに対する深刻な状況が広く知れ渡る事となっています。

国が決めた量での農薬散布は「人体に悪影響をもたらさない量なのでは?」と当然のように考えるかたもいらっしゃると思います。(私もそう思っている部分があります)

しかしながら、無農薬という選択肢があるなかで、国の決定に健康を委ねていいものなのかとも思っています。

昭和からの近代史においても農薬公害は被害が明らかになり、その後で国が動くという流れです。

過剰な危機感を持つ必要はないのですが適度且つ適切な自己管理が必要なのではないかと思います。


だから玄米食は無農薬米で

玄米食をすすめる上では、有害物質の体外排出作用を期待する以前にフィチン酸と結合した物質を(この状態がフィチン)人体に取り込む事になってしまいます。

  • フィチン酸....他の物質と結合する力がある
  • フィチン(フィチン塩酸)....他の物質と結合した後の安定した状態



乾煎りし有害物質と、その結合を壊してしまえばいいのですが


フィチン酸となった成分が壊れなかった有害物質と結合し、フィチンとなって体外に排出されるだけです。
農薬を取り込んでしまうと全く意味がなくなってしまいます。

無農薬であれば、その他の有害物質をフィチン酸が体外に排出してくれます。

玄米食で無農薬米にこだわる理由はそこになります。

仮に玄米(フィチン酸の力)ではなく、他の農産物を食べるにしても、農薬が人体に良くないのは加筆するまでもないでしょう。

健康を考えるなら、無農薬・有機栽培にこだわりましょう。

PR


やまさち ジビエカレーの玄米

ジビエカレー健康食の店 やまさち

農薬・化学肥料を一切使わないで作った玄米をこだわりの製法「高温加圧で膨らませた玄米スナック」と鹿肉カレーをセットで販売中。
(加熱乳酸菌入)


生命がゆ
玄米(うるち米、国産)はと麦(国産)、加熱乳酸菌、梅ペースト(国産)、羅漢果、ハーブ、紅塩(ヒマラヤ産)が入った玄米がゆ。
成分がたっぷりで味の濃いおかゆです。お湯で解くなどしてお好みの味でお召し上がりください。

※ジビエカレー、生命がゆともに無農薬玄米、加熱乳酸菌入となっています。






新着・更新情報



米糠由来γ-オリザノールによる脳機能改善と糖尿病予防 2012年に琉球大学医学...

玄米食をすすめる上で、無農薬にこだわる理由は、玄米のフィチンによる体外排出作用...

玄米インフォでは皆様に信頼される情報サイトを目指しています。 その為、情報は精査...

玄米に関する情報を発信すべく、玄米インフォを立ち上げました。 現在プレオープンと...



玄米ガイド

玄米についてのアレコレ
玄米の栄養、種類、食べ方、食事療法の効果まで



ガイダンス

玄米インフォへようこそ。
当サイトは、体に良いとされる玄米だけど、そもそも玄米とは?何が良いの?そんな疑問に応えるべく運営しています。