玄米インフォ

HOME更新情報>ネオニコチノイド系農薬とミツバチに関する報道

ネオニコチノイド系農薬とミツバチに関する報道



先日「なぜ農薬・除草剤を使ったらいけないか」という記事をアップさせて頂きましたが、本日、西日本新聞のWEB配信版記事(yahooニュースTOP)に関連情報が出ていました。

「ミツバチの大量死や失踪...影響疑われる農薬、なぜ禁止しない? 現場に危機感 使用避け巣が増えた事例も」
(ヤフーニュースは記事が消えるためリンクなし)

以下に引用要約します。

西日本新聞より


ミツバチは花粉を媒介し農業生産にとって重要な役割を担う。2000年代以降、群れが崩壊する異変が相次ぎ、神経毒のネオニコ系農薬の影響が疑われ、欧州連合(EU)は使用を一部制限するなど対策を取ってきた。
今年2月には、欧州食品安全機関(EFSA)がミツバチの維持にとってリスクが高いとの評価を発表。これを受けて欧州委員会は4月27日、ネオニコ系農薬の成分3種(イミダクロプリド、クロチアニジン、チアメトキサム)の屋外使用の禁止を決めた。

日本の農水省の対応


現在日本では、稲作のカメムシ防除に重要とし、他の殺虫剤にくらべで人体や水生生物への影響が少ないことを理由に使用を認める立場を取っています。
(対応を検討中とも書かれています)


事件も対応も現場で起きている


養蜂農家では周辺に理解を求め、養蜂農家さんが、別の農薬散布を請け負う事でネオニコチノイド系農薬の使用を止めてもらった結果、、、
ミツバチが復活=やはりネオニコチノイド系農薬が原因と考えざるをえないとの事でした。

こういった事例が国に届けば、少しは改善の方向に向かうかもしれないですね。
人体への影響うんぬん以前に、ミツバチが死滅すると稲作以外の農産物にも影響が出ます。
「変化のきっかけ」にわずかながらでも助力となりますように。






新着・更新情報



先日「なぜ農薬・除草剤を使ったらいけないか」という記事をアップさせて頂きました...

米糠由来γ-オリザノールによる脳機能改善と糖尿病予防 2012年に琉球大学医学...

玄米食をすすめる上で、無農薬にこだわる理由は、玄米のフィチンによる体外排出作用...

玄米インフォでは皆様に信頼される情報サイトを目指しています。 その為、情報は精査...

玄米に関する情報を発信すべく、玄米インフォを立ち上げました。 現在プレオープンと...



玄米ガイド

玄米についてのアレコレ
玄米の栄養、種類、食べ方、食事療法の効果まで



ガイダンス

玄米インフォへようこそ。
当サイトは、体に良いとされる玄米だけど、そもそも玄米とは?何が良いの?そんな疑問に応えるべく運営しています。